下関東急イントップページ
下関東急イントップページ
下関東急インキャンペーン情報
下関東急インホテル設備
下関東急インご利用料金
下関東急イン交通・MAP
下関東急インお食事・宿泊プラン
下関東急イン観光案内
下関東急インご予約受付
下関東急インお問い合せ
イメージ



≪PR≫
日本空手道会
下関 有限会社加藤産業
冷機サービス 下関
断熱塗料
下関 産業廃棄物
冷機サービス
中川商店
下関 コンプレックス
下関オークション代行
空手 下関
ソフィール
石鹸下関
アサイー
林光太郎
下関 フェイシャルエステ
ゾラ
下関のイベント情報
イベントカレンダー

<< 2017年11月 >>
日付曜日イベント
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

下関の観光スポット

周辺施設

源平壇之浦の合戦の舞台となった場所で本州と九州を結ぶ関門海峡が有名。

高杉晋作が挙兵し、明治維新の旗揚げを行った場所で、国宝に認定。

白い砂浜と青く澄んだ海の色が美しい海水浴場です。

土井ヶ浜には国指定史跡「土井ヶ浜遺跡」があり、約300体の保存状態良好な弥生人骨や副葬品が出土しています。

国指定「綾羅木郷遺跡」に隣接した施設です。館内には綾羅木郷遺跡を中心に、市内で出土した弥生・古墳時代の出土品を約500点展示しています。

展示活動のほかに講演や講座、ギャラリー・コンサートや友の会活動などを通じ、市民の教養の向上をはかっています。

高杉晋作の遺骸が葬られている。
6月中旬頃、池に沢山の菖蒲が咲き、菖蒲まつりが行われる。

角島と本州を結ぶこの橋は長さが1,780メートルもあり、無料で渡れる橋としては、日本で2番目に長い橋です。

歳月を重ねた街並みに、心ひかれる城下町。

創業46年の伝統を守り、四季折々の旬の食材をいかした会席料理

龍宮城をイメージさせる朱塗りの水天門が海峡に臨んで立つ。壇之浦の合戦で源氏に敗れ、入水して亡くなった安徳天皇を祀る。

下関市の中心地に祀られており、毎年たくさんの行事が開催されています。

大阪の住吉大社、博多の住吉神社とともに日本三大住吉の一つとされている。

日清講和条約(下関条約)の締結地
「ふく料理店」公許第一号店でもあり、ふぐ会席をいただくことができる。

瀬戸内海国立公園の一角で、関門海峡地区で一番高い場所。

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名。

関門海峡のみならず、巌流島がすぐ目の前に見ることができます。

近郊の海の生物から珍しい生物まで目にすることの出来る水族館。

近海の海の幸が揃う活気ある魚市場。

ショッピングから関門の海の幸まで満喫できるアミューズメントスポット。




おすすめの食

冬場が旬とされてきましたが、今では年中ふく料理を楽しめます。

下関はびん詰め・アルコール漬けのうに発祥の地です。

瓦そばとは、ゆでた茶そばと肉、錦糸卵を焼いた瓦にのせたもの。

往時の捕鯨基地であった下関では、くじら料理も有名です。

姉妹都市・釜山広域市との交流により、気軽に楽しむことが出来ます。

下関は「唐辛子漬け明太子」の日本における発祥地でもあります。

下関は鮟鱇(あんこう)の水揚高(量)が日本一です。




お土産

ふく(河豚)の形をした提灯(ちょうちん)。

ユニークな河豚の形の凧(たこ)。

北海道産のいんげん豆でじっくり練り上げた白餡が美味しいどら焼き。

ふくをスナック感覚で食べられる、超人気者シロサバフグやクロサバフグの骨を素焼きにし、せんべいにしました。

山口県特有のやきぬき製法による蒲鉾です。

全国的にも有名な硯(すずり)。




主なイベント・行事

関門海峡をはさみ下関市側と北九州市門司港側の両方で13,000発の花火が上がる。

悪鬼討伐の戦勝を祝って始まったと伝えられる。若者たちは鉢巻きに白装束で約2〜30m、重さ80〜100kgの大幡を抱えて「鬼石」の周囲を3度回る。

平成20年4月5日から二階建てロンドンバス “ルートマスター”が運行を開始しました。

山陰海岸の美しい海岸線やのどかな田園風景の中を走ります。

◎運転区間 新下関駅〜下関駅〜(山陰本線)〜長門市駅〜仙崎駅

旧豊浦町川棚にあるリフレッシュパーク豊浦で毎年体育の日
付近の日曜日に開催されているイベントです。

地元・下関の新鮮な魚介類の消費拡大や魚食文化普及を目的としたお祭りで、目玉は恒例の“スーパージャンボふく鍋”。ほかに、“あんこう鍋”や“家庭用生鮮アンコウ”の販売される。

毎年2月9日は、「ふくの日」です。これに近い祝日(2/11)にはふくの取り扱い量世界一を誇る「南風泊市場(はえどまりしじょう)」において、ふく刺しやふく関連製品の即売等が行われます。

全市をあげて行われる市民のお祭りです。
市内一円で平家踊りを中心に随所にステージを設け、多彩な催しがくり広げられます。

1日目は盆踊り大会。2日目は神事の後、提灯で飾られたご座船にお神輿を奉安し、供船を従え、関門海峡を一巡する海上渡御が、20:00から夏の到来をつげる花火大会(約2200発)が行われます。

源平壇之浦の合戦に敗れ入水された安徳天皇や平家一門を偲んで行われます。
赤間神宮で参拝を行う「先帝祭」をはじめ、メイン会場のジャンボふく鍋やいくさ船による源平壇之浦の合戦を再現したイベントなど多彩な催し物が繰り広げられます。

「高杉晋作」が眠る東行庵から、小月・清末・王司・長府・みもすそ川・唐戸・細江・シーモールと30キロを歩きます。




SHIMONOSEKI TOKYU REY HOTEL